ESTKが使いやすいのか使いにくいのか良くわからないw

このところCS5の検証を続けているのですが、時折不審な振る舞いを見せる部分はあるものの全般的には良くまとまっている感じがします。しかし、ESTKの出来がひどいです。この前のエントリのスクリプトはESTK 3.5(CS5)で書いてますが、完成までに10回ほど落ちてます。しかし、3.0よりは改善されているような気がしないでもありません。しかし、そう言ってもいられないので旧来のコード群をテストしたり、オブジェクトのチェックを行っています。
さて、ESTKって言うものはpackageをのぞけば分かるのだけど、基本的にCoreにFrameworkやScriptUIの皮を被せた感じの構成になっているよね。という事は…
色々と細かい設定やら改変が可能だと。

続きを読む

IllustratorのpathTextにアクセスする

さて、Imacちんがとどきました。とりあえずKernelを64bitデフォルトにして各アプリケーションをインストール。同時に発注した。Miniも64bit起動に改変。
以前テストした「ExternalObject」をテストしてみると。6.86Mb/sとPPCの3倍弱の結果に。さすがIntel系ですね。
ただし、ExtendscriptToolkit3は10.6と相性最悪との噂は本当でした。編集機能が正常に動きません。まあ、2でも状況は同じですがね。仕方がないので編集はmi使っています。Adobeさんなんとかならないものですかね???相変わらずローカライズは中途半端だし、ドキュメントすら放置とかありえないですよね。そうそう、CS5もテスト中なのですが、こちらも相当な困ったちゃんのようですね。cut・copy・pasteのショートカットが正常に機能しなかったり、不安定だったり。これは私の所だけだろうか???
しかし、ロゼッタ起動のmiもわりと不安定なのでCoteditの方が良いのかもしれません。
前置きが非常に長くなっていますが、本日のエントリも先日ちょいと忘れて焦ったモノをお届けします。
まあ、タイトルの通りなのですが、パステキストのアンカーの情報にアクセスする手順をおさらいしてみようと思うんだ

続きを読む