dataSetにふりまわされる

AdobeさんのマニュアルによればdataSet使ってバリアブルな環境構築すれば人生バラ色だぜぃってな記述があります。しかし、それも一筋縄ではいかないようです。
今回もやりたい事は単純です。Illustratorのグラフ機能をscriptからコントロールするのが目的です。しかしながら、これがまた苦難の始まりになろうとは思いもよらなかったのです。

続きを読む

tableと戯れる1

久々に連休でしたが、休日は休日でやる事が多くてあっぷあっぷでした。しかしながら、合間を見て本屋さんだけは行ってくるわけでして、技術書コーナーにぴたっと張り付いています。でも、しばらくすると娘がやってきてそれどころじゃなくなるというのがいつものパターンでして、周りの皆様、ごめんなさい。
IPv6関連の良いのが欲しいのですが、どれも帯に短し…なので買いあぐねている次第です。
そんなこんなで週も明けて本日の小ネタ行きます。久々にIndesignなのです。先週は表組関連をこちょこちょやっていたのでその流れで少し。
今日は「tableー>csv」な事をやってみましょう。

続きを読む

展開処理(externalObject 4)

ようやく少し暖かい日が続いていますが、バイクで通勤しているわたしにはあまり関係のない事です。寒波が来ていなくても朝の空気は冷たすぎです。おまけに、そこらかしこに巻き散らかされている凍結防止剤が嫌がらせ以外の何物でもありません。まあ、撒いておかないと日の出前とかは危険なのでしょうがねぇ。
ところで、当ブログの一番アクセスの多い記事は「オーバセットテキスト」関連のモノです。かなり以前の記事にもかかわらず、常に上位のアクセスを稼いでいます。日頃Javascriptがどうのこうのとかダイナミックライブラリがどうのこうのと言っていますが、世の役に立つのはもっとベーシックな「逆引き的」な内容のモノだと言う事かもしれません。
しかしながら、生まれてこのかた空気を読むと言った事ができないわたしは自分の書きたい事を書きなぐる事しかしませんがwというより逆引きとかだったらもっと良いページがあったりしますからね。
さて、小ネタばかりなのもなんですので少々大きめのものをお届け致しましょう。圧縮しちゃうと当然展開する必要があるわけです。もちろんこれもexternalObjectで処理しちゃいます。
ですが、zlibを利用するため圧縮時とほとんどやる事が変わりません。そんな記事書いた所で面白くもないわけです。という事なので、今回はWINDOWS向けDLLを作ってみます。

続きを読む

WebContents→Bridge→Illustrator(小ネタ)

みなさま、水曜日はお米の日という事でうちのおくさまはお米を買いにいく訳です。そんな事はどうでも良いのですが、最近ご飯が固いなぁと思ってたら案の定固くしているとの事。娘もそろそろしっかり噛む練習が必要な為だんだんと歯ごたえのある食事に変えていると。ここ一年近く娘に合わせて柔らかいものを食べさせられていたわたしのあごは完全に鈍っています。ごはんを食べるとあごがだるくなる…
まあ、それは置いておいて、先日とある所でIllustratorでsocket使いたい!ってヤツが居たので、BridgeTalk使ってブリッジにデータ取らせたら?って書いたんだ(やった事なかったけどね)なんだかぶつぶつ言ってるけど、それならコードにしてみようって思ったのがいけなかったんだ。

続きを読む