CHMで読むオブジェクトモデル

いつもながらESTKのOMVビュアーってなんでこんなインターフェースなんだよぉ…って思う訳です。
まあ、内容もあれなのですが、ビュアー自体が何とも言いがたい代物であると思いつつあれこれやっていた訳です。が、そんな事考えてるのもわたし一人ではなかったようです。
OMVをCHM(コンパイル済みHTMLヘルプファイル)へコンバートしちゃった方がいらっしゃいました。
以前紹介したJongware氏なのですが、ドキュメントの閲覧が非常に楽になりました。

まずはスクリーンショットを

chm_ss.png

上のヤツはIllustratorCS5のCHMを表示している状態です。Indexだのが非常にアクセスしやすく、欲しい情報に一足飛びにアクセスできる感じです。ちなみにわたしが利用しているのはiChemっていうリーダーです。
CHMはJongware氏のページInDesign JavaScript Reference Guideというページからダウンロードできます。
ちなみにCS4・CS5のIllustrator及びIndesignとCoreClassが用意されています。
内容的にはPDFと同じような感じになりますが、アクセシビティでは雲泥の差です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中