小さなパスアイテムの削除

最近スランプです。何がスランプかと言うと事前の調査が足りずになし崩し的に事態が転がっていくのを止めるどころか自らもころころしちゃう様な具合なんです。
まあ、それは置いておいて、Bスプラインってベジエに落とすのは超簡単です。ですからIllustrator上に展開してしまうのは楽なのですが、書き戻し時に必ず誤差が生じます。どうも何とかならない物かってあれこれ考えるのですが、無理ですwあきらめなさいって言われている様な気がする今日このごろなのです。
なんて事は無いですが、ライブトレースでちっこいの沢山残しちゃったのでスクリプトで削除しようと思いました。

続きを読む

Main routin

色々とやっているわけですが、フォントのマッピングテーブルってかなり大きいんです。そりゃそうです。Romanなフォントはともかく、CJKなんて普通にグリフが2万超えていたりしますから。容量も数MB程度となります。ここで問題になるのはテーブルを展開する為の処理にESTKがどの程度頑張れるかです。結果から言うとまったく頑張れません。これは以前BASE64をエンコード処理させた時と同じ要因です。まあ、インタプリタにこの処理は無謀だよねって事です。
しかし、お手軽なのでどうしてもESTKを使いたいわけです。ですから自ずと妥協点を探す事になります。それが、今回のメインルーチンの構成です。
基本的に全てのテーブルをバラバラにして処理自体はこのテーブルに対して行います。時間がかかるのはこのバラバラ処理。大きなテーブルを展開するのにはそこそこの処理時間を要するのですが、この重たい処理を一度だけ我慢します。
次回以降は保存されたばらばらのテーブルに対するアクセスだけで処理します。

続きを読む

バイナリ読み込みファンクション群

ず〜っと整理しないままに書きなぐっているといつの間にか数千行にまで及んでしまったので今更ながらにコードの整理を行っております。今回スプリットオフしたのはバイナリデータの読み込みに関するファンクションたちです。バイナリと言っても8ビット、16ビット、32ビットと長さによって扱いも変わります。おまけに符号の有無やFixedPointなんかもあったりと煩わしさ倍増なのです。この部分を整理して外に放り出してみたりしました。オマケとして文字コード関連の処理系も含めています。unicode→SJISテーブルは以前のQRコード用の外部テーブルを改変して利用しています。でも83kBもの変換テーブルを利用している時点で負けなのかもw

続きを読む