ページ毎に収集したい

お客様というのは基本的にわがままです。編集後のデータを下さいと言われれば整理したデータをお届けしちゃうわけですが、中にはパッケージだけでは終わらない事もあります。しかしながら、できるだけお客様の意向にはお応えしちゃいたいわけです。
そんな時はさらりとスクリプトを書いて…と言う事になります。まあ、いつもうまくいくとは限りませんが。
今回もそんなこんなで、分厚いカタログをページ毎に画像集めておいてって言われたのでした。

続きを読む

広告

ESTK CS6 ReadMe

みなさま、イラレの色校正設定を活用していますか?色覚の異常を抱える方というのは思いの外、沢山いらっしゃいます。特に男性では5%程度の方々が何らかの異常を持つと言う統計データもあるようです。そういった事も踏まえてか、近年カラーバリアブルなデータを要求される事が多くなってきています。そこで非常に強力なツールとなるのがイラストレータです。
イラストレータにはデフォルトでP型及びD型の色覚異常をシミュレートする校正設定が内蔵されています。通常の工程でデザインを行い校正設定を切替えてプレビューし、不味い所を検討するという手順でデザイン作業を行います。その他、書体の切替え(カレンダーの玉なんかで良く行われますね)やマークの工夫等を合せて視認性を上げるのですが、その詳細に関してはまたの機会に。
本題はこちら。「ESTK CS6 ReadMe」を読み解いて行きます。ただのツッコミだと言うのは無しの方向でw

続きを読む

docxを解剖してみる

突然の大量入稿、それも全部拡張子がdocxなファイル…思わず鼻水たらしちゃいそうなシチュエーションです。おまけに写真も貼り付いてるのはがしてねって言われると帰っちゃいたくなるのですがそうもいきません。
先日ワードドキュメントを間違えてエディタにドロップした時に、ばけばけの文字列の頭がPKで始まる事に気付き、ああ、こいつらってマイクロソフトの皮かぶったzipファイルだよなぁ〜って思い出したわけです。
そんなこんなで色々と見てみた次第です。

続きを読む

OpenTypeとは-その1

意表をついての連日の投下です。
やるやると言ってなかなか前に進まないフォントの解説ですが、ぼちぼち進めたいと思います。しかしながらわたし自身も少々理解不足だったりしますので、おかしな部分等がございましたらお気軽にご指摘頂ければ幸いに存じます。
毎度の事なのですが、資料に目を通すと次から次へと不明な部分が現れて、目を通す必要のあるドキュメントが等比級数的に増加するのです。今年の夏はそのドキュメントの参照にほぼつぶれてしまったのです。娘を海に連れて行けなかった事とか、USJ連れて行かなかった事とかの原因がこいつにかまけて…っていうのがばれると家庭の危機に陥りそうなので内緒にしておきますね。

続きを読む

Indesign モノルビをつける

インデザインのルビ振りってすごく不親切ですよね。ショートカットなんか手の小さい私には指がつりそうな感じでとっても不満があります。まあ、ショートカットなんか適当に変えろよって言われればそれまでですがねw
そんなこんなで構想1.5時間(モノルビの処理を続けていて嫌になってきた時間)、製作30分、ExtendScriptでなんとかならないかあがいた時間3時間(結局ScriptUIがおばかで使い物にならなかった…睡眠時間返せ〜)の超単純機能パレットが実現した次第です。
漢字を一文字選択してパネルのテキストエリアにるびを入力します。おもむろにapplyボタンをくりっくするとあら不思議、選択範囲にルビがついちゃったって感じの動作です。パネルを開いたまま連続で選択範囲を変えながら入力して行って下さい。ルビの設定は全文字選択してcommand+option+rで一括設定すれば幸せになれると思います。

続きを読む