Extend ScriptにComputer Visionを導入する

細かく説明すると、OpenCVを利用したExternal Objectを使った、Extend Script上でのFace Trackingテストの結果。というのがこの一連のテストの詳細です。
OpenCVというのは世界中の研究者がよってたかって開発しているライブラリで、画像認識の世界ではそれはそれはとてもポピュラーなものです。あんなカメラやあんなスマホで顔を認識させているフレームワークの基本となっているものです。
先日のフレームワークはこのライブラリをExtend Scriptから呼び出せるExternal Objectとして実装したものでした。長々と書き連ねていますが、それ程ややこしい事ではございません。要は「Adobeの各種アプリケーションで人間の顔を認識して、その情報を基に編集を自動化出来たら便利じゃね???」ってことです。
しかしながら、このフレームワーク自体はお約束に従って検出作業を進める類いの物ですので、性能はcascadeファイルに依存します。そこらへんをちょっとテストしてみたのでご覧下さい。

続きを読む

広告