Selection Maker for AI CS6&CC

かなりお節介系のエクステンションです。「選択メニュー」をそのまんまパネルにしてみました。利用したのはConfigurator 4です。おそらく世界広しと言えどConfiguratorでこれを作るのはわたしぐらいだろうと思います。もちろん改変したConfiguratorを利用しているのが主な原因ですが、Illustrator上でメニュー項目をinvokeする手段と言うのも一般的とは言いがたいというのも理由の一端ではあります。
以前から申しています通り、AIのオブジェクトモデルはすっかすかで、なおかつ存在するプロパティ及びメソッドに関しましても解説が充分ではないのです。もちろん仕事に利用する訳ですから、そんな事で諦める事は出来ないのです。ですから、あの手この手を最大限に活用して自身の手においてオブジェクトを洗い出して行かなければならない訳です。前述のメニューコマンドについても系統だった資料は存在しません。メソッドだけ解説されても使えるわけないですよねぇ。

続きを読む

広告