ハイエンドユーザー向け利用方法(Preference Key 5)

暑くなってきました。アスパラガスの収穫もほぼ終わり、マルベリーも全部ジャムになってしまいました。今年はゆすらうめの収穫時を間違えて、半分ぐらい鳥さんつつかれてしまいました。このユスラウメ、実は小さいのですがとっても美味しいのです。佐藤錦にも負けないぐらい。完全に熟してしまう前が食感も良くて一番好きなのですが、ほぼ全数が娘のおなかの中に入ってしまいましたw
さて、ちんたらと続けているこの初期設定絡みの処理ですが、実はユーザーにも解放されている機能です。こう書いても????なのは承知しております。どういう事かというと、「ユーザーがアプリケーションと同様に自前の設定及び値をスクリプトを介して保存しておける」と言う事です。
以前、XMPカスタムフィールドにメモを書き込める様にしましたが、それとは違いアプリケーション自身に設定が保存されます。もちろん、値がどういうものかによってメソッドの使い分けは必要ですが、既存のスクリプト等にr/wのルーチン仕込んでおけばプリセットや前回の値を読み出す等、自由自在です。

続きを読む

広告

警告すいっち(Preference Key 3)

警告の設定というのは表示するかしないかを選べるヤツです。皆さん1回表示するとすぐに「こんなもん、にどとみたくねーよ」ってチェック入れて閉じちゃうので、どんなのがあったか忘れている方も多い事と思います。
もちろん、これらにもpreference keyが設定されています。そして、数えてみると25個もあるんですね!びっくりしちゃいました。と言う事で皆様、思い返す意味も含めて表示のon/offを切り替える様なものを作りました。

続きを読む

preferences keeper (AI preferences 2)

とうとうマルベリーの収穫が始まりました。毎朝ボール抱えて手詰みしますが、やはり毛虫さんもつかんでしまいますw毒は無いようなので気にしてはいませんが、あの独特の感触がwww
で、先日のプレファレンスなのですが、以下の部分訂正しておきます。

インド言語に関するキーがありました。
showAsianTextOptions : Boolean・・・東アジア言語
AI WorldReadiness Dict Key  Boolean インド言語

今回は適当preferenceKeeperってスクリプト付けときますね。

続きを読む

AIでHalfToneScreenパターン

えーと、わたしはモザイク機能を利用しています。何の事か分かりませんよね?ハーフトーンスクリーンをパスで表現する場合の事です。グラデーションメッシュで作りたい濃度変化を作ります。それをラスタライズ→モザイク生成と進みます。そのモザイクのグループを濃度に応じたellipseにスクリプトを利用して変換して行きます。不可逆なので使いづらいかというとそうでもありません。元のグラデーションメッシュをどっかに置いておけば良いんです、そんなもんです(あきらめ)。まあ、こんなアプローチもあると言う事でw
ここまで読んでも良くわかんねっていう方も続きをご覧下さい。

続きを読む