メタデータとBridgeの合わせ技

メタデータと言うのは非常に便利です。色々項目毎にメモ書きしておけますし、読み出しもAdobeのアプリケーションならおおよその物でチェック出来るわけですが、いつまでもファイル情報を見ないとチェック出来ないのでは不便です。このあたりの事情が最近の各種エクステンションの開発の事情だったりします。特にBridgeでのマニピュレーションをメインに考えているのですが、他のアプリケーションとうまく連動させればもっと便利になるよねってところで、じゃあ、どうすんべ?ってなって、作業者の与り知らないところで勝手に動作して情報を蓄積してくれたらいいんじゃね?って思ったのが今回のヤツなのです。
では、どうやって連携させるかって所をご覧下さい。今回は単純に総ページ数をコレクトしています応用簡単です。ぜひトライしてみて下さい。

続きを読む

広告