aiRotaterをサンプルとした技術的解説

CEP(CreativeCloud以降のバージョンに搭載されているエクステンションエンジン)をターゲットとしたエクステンションは以下の様な構造になります。HTML5べーすとなりますので、基本的にWebアプリの構成と殆ど同一と言えるでしょう。違うのはJavascriptがアプリケーションに実装されたJavascriptをinvokeするというややこしい構造になっていると言う部分ぐらいなのです。まあ、アプリケーションに内蔵されたChrome上で実行されるのですからWebアプリと似ているというのは当然なのですが…

Panel root
 ├─css
 │ ├─styles.css
 │ └─theme.css
 ├─CSXS─manifest.xml
 ├─icons─aiRotater_default.png
 ├─index.html
 ├─js
 │ ├─libs
 │ │ ├─CSInterface-4.0.0.js
 │ │ └─jquery-2.0.2.min.js
 │ ├─main.js
 │ └─themeManager.js
 ├─jsx
 │ └hostscript.jsx
 └─locale
    ├en_US
    │ └─messages.properties
    └ja_JP
      └─messages.properties

続きを読む

NaviBarーライブキャプションのお供に

インデザインにはCS5以降キャプションを生成する機能が追加されています。このキャプション機能、ライブ機能を利用すれば、画像ファイルのメタデータ等を編集すると変更を認識してキャプションを入れ替えてくれたりするのでラクチンではあります。では、そのメタデータをどうやって編集すると効率が良くなるのか?今回のものは、その辺りを考えてみた物です。
まあ、Bridgeで一覧しながらキャプションとして取り込む為のキーワードを設定してみたらどうだろう。という所にたどり着くのはいつもの事なのですが…
最初はサムネイルのサブメニューに組み込んだりしましたが、いちいちサブメニューひろげるのも無粋だし面倒くさいと思いました。で、どうするかと言うと…

続きを読む

External Objectを使わないBridgeMailer

ごまかしでしかないのですが、Windowsでも動作可能なBridgeMailerを用意してみました。問題のBase64エンコーダはJavascriptからストーリーム処理を行なう事で実現しています。ExternalObjectを利用する場合と比べると2桁程スループットが落ちますが、Adobe純正を利用するより2桁程スループットが上がります。

続きを読む

IndesignOverflowChecker

思いつきで作った!
よけいなお世話をするスクリプトです。
インデザインのスタートアップに入れておくと編集時にオバーフローをお知らせしてくれます。
パレットでのアラートなのでボタンクリックとかは必要ないんですが、とってもしつこいのでうっとうしいですw

続きを読む

BridgeMailer for Mac

この時期なのにわりとあっぷあっぷです。だんだんと暑くなってきて溶けそうな状態になりつつあります。こんな時はプールに行って端っこの方で延々と浸かっていたいです。(泳ぎたいのではないところに注意)そんなこんなで某社のエクステンション周りを確認中です。でも、まだまだ各アプリに実装が追いついてない部分があったりで???な部分も残っています。NPMとか各種フレームワークが利用出来る様になったのは評価出来ます。しかし、バックボーンはExtendScriptであり、今回のリリースでは前回のオブジェクトモデルとほぼ変わらないといった。手抜きもあります。何よりHTMLパネルというのはFlashインターフェースと比較するとパフォーマンスを出しにくいのも変わっていません。この辺りの事については某社的には知らない振りであり、ハードウェアの進化に任せようと言った姿勢が見え隠れしてもにょ〜ってなる原因でもあります。
ただの愚痴にしかなっていませんが、詳細な解説やサンプル等は順次情報を公開予定です。もう少しお待ちください。
今回はBridgeからダイレクトにメールを送信できる様にしてみました。ファイル添付も可能ですので、一度チェックしてみて下さい。

続きを読む