Crerative Suite 6のエクステンションに関する問題について

現在、CS6以前のアプリケーションにおいて、Adobe社純正エクステンション(Mini BridgeやKuler)が動作を停止しています。これ、はエクステンション読み込み時の検証に失敗するためです。以下、技術的詳細となります。

エクステンションは、読み込み時にそれが正しいものかをチェックします。この時にチェックされる項目に、タイムスタンプのチェックがあるのですが、この時に利用されるタイムスタンプサーバーが2017.10.31いっぱいで廃止されたようです。

※実はフォーラムの方で日付を2017.10.30以前に戻せば動作するという報告が複数上がってきています。ここから分かることはサーバーを停止させたと言うことではなくて、エクステンションを作成する時に使われた証明書の失効が疑わしくなります。

この事により、一連のエクステンションは全てが起動時の検証でエラーを生じ、パネルが開くものの中身が表示されない状態となります。これを直すには、Adobe社がタイムスタンプサーバーを用意してエクステンションを再度パッケージし直す等の処理が必要となります。しかし、CS6以前のアプリケーションというのは既にサポートが終わっている製品ですから対応されることは無いでしょう。つまり、この先これらのエクステンションが正常に動作することは望めないのです。
しかしながら、これらのエクステンションに関してはPlayerDebugModeを設定して上記の検証処理自体を回避する手段が利用可能です。弊害として、どんなエクステンションでも動いてしまうようになるので、サードパーティ製の良くわからないエクステンションの導入には注意が必要でしょう。特に野良エクステンションの導入はご一考いただきたいと思います。
これらを理解した上で以下の情報をご利用下さい。

設定方法
Macの場合/ターミナルから以下のコマンドを実行
defaults write ~/Library/Preferences/com.adobe.CSXS.3.plist PlayerDebugMode 1

Windowsの場合/コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行
reg add HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Adobe\CSXS.3 /t REG_SZ /v PlayerDebugMode /d 1 /f

CS5ファミリーの場合は上記の「CSXS.3」の部分をCS5の場合は「CSXS.2」に、CS5.5の場合は「CSXS2.5」にそれぞれ書き換えて実行して下さい。
また、Windowsの場合は再起動が必要かもしれません。

追記

この問題はBridgeCS6の機能拡張まわり(エクスポートパネル等)にも影響を与えます。

広告

Crerative Suite 6のエクステンションに関する問題について」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: InDesign CC2018に傷つけられた話 | CS5

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中