[CEP] JSXファイルの動的読み込み

CEPエクステンションのデバッグにはCEF Clientを利用すると便利だという話は以前書きました。(https://forums.adobe.com/community/international_forums/japanese/automation/blog/2018/01/25/cefclientによるエクステンションのリモートデバッグ
このクライアントを利用すればCEP側のJavaScriptは実際にアプリケーション上で動作させ、適宜修正を加えながら再読込し動作を確認することが出来ます。しかし、この再読込出来るのはCEP側だけです。ExtendScript側は再読込することが出来ません。
日頃「アプリケーション側のロジックはエクステンションに組み込む前にESTK等を利用して完全にデバッグを済ませておく」という趣旨の事は口を酸っぱくして言い続けているわけで、わたしのブログをご覧になっている方々はきっと何度も目にしていることだと思います。しかしながら、ExtendScript側もデバッグ時に「あの部分をちょっとだけ変えてみたい…」といった事が少なからず起こってきます。そういった場合においても、いちいちアプリケーションから立ち上げ直すと言った作業を強いられながらデバッグを進めるというのも精神衛生上如何なものかとも思います。
今回はそういったケースでもExtendScript側のロジックを再読込出来る手法を解説します。

続きを読む

ExtendScript用OpenCVラッパー

基本的にNoReferenceでのご提供でございます。

こちらは/Library/Framework/に投入。
https://drive.google.com/open?id=1g9yBguBj61pEcO_tTWcNe41tkYllRc3C

以下を解凍すると必要なものが揃っています。
https://drive.google.com/open?id=1me95GKDUjn0BI3nIXsyCYkp6p8s_XPOU
全部同じ階層においておけば動作可能。Frameworkはユニバーサル構成ですから32bitのESTKからも実行可能。ExternalObjectをコールして帰ってくるのは顔のバウンズです。とりあえずjsxファイルの構成を確認してご利用ください。

恐らくOSX10.9以降なら動作するとおもわれます。

[AI]世界一単純な図形交差検出関数

Illustratorに限らずオブジェクトの重なりの判断というのは2次元空間内における座標を取得して曲線ならバーンスタインがどうとかこうとか演算が必須となっております。おそらくみんな泣きながらやればある程度のものは出来るんじゃないかなぁって思うのです。

スクリーンショット 2018-07-11 12.36.08.png

 

しかしながら、一言申し添えると「面倒くさい」です。こんなん、手早く書き捨てたいと思うぐらいものなんですけどそうも行かないのが世の常なのです。で、今回はその圧倒的に面倒くさい部分を全てショートカットする仕組みを提供いたします。

続きを読む