Illustratorの「Diacritics Position」について

昨日目の前をdiacVPosっていうのがとおりすぎていったんですが、こいつって発音記号の縦位置関連のプロパティーだったよなぁ…と思っているうちに見失いました。
後で思い出そうと頑張ってみましたがはっきりとしたことはわからなかったのですが、通勤電車の中でちょっと思い出しました。こいつってあらびっくやへぶらいな方々の為に用意された機能なのです。で、先程大急ぎで調べました。

characterAttributeschilddiacVPosdiacXOffsetdiacYOffsetの3つのプロパティが存在します。では試してみましょう。

diac1
グレイで表示されているのがDiacVPosType.DEFAULT_POSITIONです。ピンクがDiacVPosType.LOOSE_POSITION、ブルーがDiacVPosType.TIGHT_POSITIONです。enumeratorにはあとひとつOPENTYPEがあるのですが、現在はOpenTypeフォントを利用しますのでおおよそのケースではDEFAULTと同じになります。

更に数値でダイレクトにdiacritical markを動かしてみます。

app.selection.characterAttributes.diacXOffset = 500;

結果は…

diac2黄色いほうが500移動したものです。

同様に縦方向は

app.selection.characterAttributes.diacYOffset = 500;

として、結果は以下のようになります。

diac3

※スクリプト実行時はテキストツールで全体を選択した状態でtextRangeに対して処理を行います。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中