[CEP] JSXファイルの動的読み込み

CEPエクステンションのデバッグにはCEF Clientを利用すると便利だという話は以前書きました。(https://forums.adobe.com/community/international_forums/japanese/automation/blog/2018/01/25/cefclientによるエクステンションのリモートデバッグ
このクライアントを利用すればCEP側のJavaScriptは実際にアプリケーション上で動作させ、適宜修正を加えながら再読込し動作を確認することが出来ます。しかし、この再読込出来るのはCEP側だけです。ExtendScript側は再読込することが出来ません。
日頃「アプリケーション側のロジックはエクステンションに組み込む前にESTK等を利用して完全にデバッグを済ませておく」という趣旨の事は口を酸っぱくして言い続けているわけで、わたしのブログをご覧になっている方々はきっと何度も目にしていることだと思います。しかしながら、ExtendScript側もデバッグ時に「あの部分をちょっとだけ変えてみたい…」といった事が少なからず起こってきます。そういった場合においても、いちいちアプリケーションから立ち上げ直すと言った作業を強いられながらデバッグを進めるというのも精神衛生上如何なものかとも思います。
今回はそういったケースでもExtendScript側のロジックを再読込出来る手法を解説します。

続きを読む

広告

manifest.xmlの仕様についてxsdに記述されているREから解説を試みる

先日Adobe公式ユーザーフォーラムのブログにてmanifest.xmlをXSDファイルを利用して検証する方法を書いたのですが、それに関連してもうひとつ踏み込んだ事を書いておきます。
もう、そのまんまなのですが、manifest.xml用のXSDファイルにはValidater通す時のために正規表現による定義が施されているプロパティが幾つかあります。それらに関して仕様は英語でクソ丁寧に書かれていますが、空気を読まずに正規表現から読み解くなんて事をやります。

続きを読む