docxを解剖してみる

突然の大量入稿、それも全部拡張子がdocxなファイル…思わず鼻水たらしちゃいそうなシチュエーションです。おまけに写真も貼り付いてるのはがしてねって言われると帰っちゃいたくなるのですがそうもいきません。
先日ワードドキュメントを間違えてエディタにドロップした時に、ばけばけの文字列の頭がPKで始まる事に気付き、ああ、こいつらってマイクロソフトの皮かぶったzipファイルだよなぁ〜って思い出したわけです。
そんなこんなで色々と見てみた次第です。

続きを読む

広告

ばらばらにしませう…

突然梅雨が明けて酷暑が続いております。みなさん体調管理には充分ご注意下さい。わたしも先日プールに行ってきたのですが、曇っていたので油断しました。いまだにひりひりします。
まあ、そんな事は置いておいてフォントの続きです。個々のTableを解説していこうと思っていたのですが、fontファイルをダイレクトにいじってるとややこしくなる場合が多々あります。というかテーブルそれぞれにルーチンが必要ですので、のぞき見コードがふくれあがって面倒くさくなってきたというのが真相なわけですが(^^;
そこで、今回はこのfont自体を解析する前にバラバラにしてしまうツールを用意しました。

続きを読む

PHPからオンザフライでPDFを生成するライブラリ2

先週は記事を書ながらMTのアップグレードを行っておりました。アクセスしていただいた方は分かると思いますが、美白ですw
なんだかもっさりしたblogだったので以前から手を入れたかったのですが、面倒なので放置していました。清々しいまでにな〜んにも無くなってしまいましたが、本来の「情報をバックアップするための場所」という性質のものに立ち返ったというかんじです。
まあ、どうでも良いことなので本題に入りましょう。以前、FPDFの日本語拡張について書きましたが、オンザフライでPDFを生成する方法は他にも幾つかあるわけです。しかしながら私の専門からいくとPHPが選択肢の筆頭になるわけでして、そうなると選択肢はぐっとしぼられます。今回紹介するのは、harulibについてです。
元来、「harulib」はCとかC++なんかで使うPDFライブラリなんだけど、これをPHPで使う為のエクステンションがあったりする訳です。「harulib」自体はダイナミックライブラリですのでご多分に漏れずソースからmakeしてインストールという流れが必須です。しかしながら依存関係で少々小手先のテクニックとかが必要であったりと大変なのです。

続きを読む

正規表現について(復習編)

正規表現(Regular Expression)ってIndesignにも実装されてますし、Javascriptにもgrep Objectなんてものがありますので、本当はばりばり活用するべきものなのだろうけど、ついつい面倒でさけて通れるならまわりみち〜なんてものぐさな怠け者です。
まあ、そういっても必要な時はやはり使わなければいけない訳です。しかし、そんなことやってると記憶の彼方で霞んでいるのが世の常。いや、そんな事言ってるUnix使いお前だけだよって言われそうですが。今回は反省の意味も込めてREの走り書きをまとめてみました。

続きを読む

アンカーする?それともフォント作っちゃう??

さて、CS5になって、SING Gryflet ManagerとVersion Cueが首になってしまいました。じゃまな子だった(こんなこと言ってるのわたしだけかもしれませんが)Version Cueはともかく、SINGが首になるとちょっと困っちゃう人も多い事かと思うんだね。
わたしもGryfletDirectoryの中身をどうしたもんだかと困っているくちなのですが、仕方ないのでぜ〜んぶEPSで書き出してアンカーしよう…とは当然なりません。

続きを読む