スクリプト環境の整備(AdobeMaxJapan2018フォローアップ1)

今回の投稿はAdobe Max Japan2018にて私が担当したワークショップ「使わないと損をする! Illustrator & InDesignのScript活用講座 〜あれもこれも便利になります〜」のフォーローアップエントリーになります。
不幸な事に当日は丁度ExtendScript Toolkit CCが不具合が発生した当日で、不具合を起こしたプラットフォームがMacintoshだったこともありWindowsを利用していたためワークショップ中はわたし自身も全く気がついていませんでした。実際に参加者の皆様の中にはESTKが動作しなくて困られた方もおられたようで申し訳ない状況でした。
この不具合に関する情報収集及び対処方法等を確認する作業を優先させたためにフォローアップが後手に回ってしまいました。申し訳ございません。

しかし、結果としてはESTKの修正処理の簡素化等成果が出ていますのでスクリプトを学び、活用して行こうと考えられている方々にはこれで良かったのだろうとは思っています。
ESTKのエラーに関しては以下のAdobe フォーラムのドキュメントをご確認いただきご自身の手で修正作業を行っていただきたいと思います。

https://forums.adobe.com/docs/DOC-9621

さて、フォローアップについてです。今回のワークショップのテーマはスクリプトを活用することでどの様に日頃の作業を楽にできるかと言う部分をお見せし、体感していただくことでした。その中でスクリプトによる操作の概念なども簡単にご説明させていただきました。しかしながら、短い時間という事もあり概要的な解説になっています。この様な部分は充分に時間をかけて説明するべき部分なのです。今回から数回の連載という形で関連情報及び解説をお届けしようと思います。

続きを読む

広告

PNGファイルの情報を読み出すツール

データを取り回しているときに単純なファイル情報を取得して利用したくなる場合が多くあります。例えば画像の縦横のピクセル数とかカラーモードとかとか…
もちろんXMPとか参照したりPSにて調べたりというものありなのですが、もっと簡単にできれば便利じゃないかな???
って思いました。で、出来たのがJPGToolとかいうやつです。こちらはJPGファイルの基本的な情報をバイナリ検索して抽出するものでした。ぐぐればすぐに見つかるので見てみるのも良いでしょう。
しかし今回、なんでPNG見れないんだっ?てなって急遽PNGの情報を抜き出すやつを書きました。

続きを読む

Photoshop Custom Actiondescripterをストレージとして扱う

あのenumaratorだとかdescripterとかPhotoshopのスクリプトってなんだか異質なわけですが、これらもうまいこと使いこなせばあらぬ方向に利用できたりします。今回はcustom Actiondescripterを利用したストレージの構築をやってみましょう。
利用するのはApplicationクラスにあるputCustomOptionsgetCustomOptionsメソッドです。わりと単純なのでコードをご覧ください。

続きを読む

OpenCVをExtendscriptで利用するなんとか…

水もぬるみ始め、そろそろお花見の予定を考えないと行けない時期となりました。皆様に於かれましてはご清祥の事とお慶び申し上げますです、はい。
そんなこんななのですが、日曜日の昼下がりはうちの子がピアノを練習してたりするのです。このところメヌエットとかやってて、なまじ知っている曲ということで今このテキスト入力中にも頭の中を回り続けている次第です。しょうがないので他の曲聞いたりしているのですが止めるとまた例の曲が戻ってきて……なんだかこのループは当分続きそうです。今週は違う曲やってたから止まるかなって思ったのですが相変わらずわたしの頭の中はアレがエンドレスでりぴーとしているというw
話は全く関連しませんが、今回お届けするのはおなじみの顔認識なのです。今回はMac版のライブラリを更新します。OpenCVのバージョンは2.4.5です。

続きを読む

idleTaskで自動入力


先日、鯵さんのIDのインサーションポイント切り替えるたびに自動で特定の文字挿入したいってやつをプラグイン作ったら?で流したのですが、その後色々と考えていました。まあ、普通の手段では対応不可能なのはご存知のとおりです。あれこれ脳内エミュレータに仕事をさせて有効な手法はないものか探していました。そんなものがさっと出てくるのなら苦労はしませんよね?

で、休日の朝の事です。起きがけに思いつきました。アイドルイベントをず〜っと再帰で回しちゃえばいいじゃんwって。そのままオフトゥンの中でうだうだ脳内エミュレータでステップインしていました。完璧です。素晴らしいwww
そして、そのまま二度寝しました。

続きを読む

WorkspaceSwitcherのまとめ

え〜と、QR Code Maker Proの承認がやっとの事で下りました。なぜ3週間もかけた???
ご利用はAdobe Add Onsサイトからどうぞ。
さて、今回のお話には全く関係ないところから入りましたが、みなさん、ワークスペースってどないしてますか?
アドビ社のアプリケーションって作業毎に使うツールも違えば必要なパネルも違うわけですが、ワークスペース切替も面倒だから大体妥協できる組み合わせて用意している方が大半ではないでしょうか?
例えば選択ツール使っている時に字形パネルとか開いていてもそれは全くのデッドスペースなのです。そんなこんなでわたしがAIで使うワークスペースはだいたい以下の様なものです。常時使うのは3種類。これを切り替えて使います。
まず汎用です。
workspace0.png
続いてテキスト編集用
workspace2.png
3つめはパス等のアート編集用
workspace1.png
こんな感じですね。
さて、切り替えて使うと言いましたが、これは自動的に切り替わるようにしています。それを可能にするのがWorkspaceSwitcherなわけです。

続きを読む