idleTaskで自動入力


先日、鯵さんのIDのインサーションポイント切り替えるたびに自動で特定の文字挿入したいってやつをプラグイン作ったら?で流したのですが、その後色々と考えていました。まあ、普通の手段では対応不可能なのはご存知のとおりです。あれこれ脳内エミュレータに仕事をさせて有効な手法はないものか探していました。そんなものがさっと出てくるのなら苦労はしませんよね?

で、休日の朝の事です。起きがけに思いつきました。アイドルイベントをず〜っと再帰で回しちゃえばいいじゃんwって。そのままオフトゥンの中でうだうだ脳内エミュレータでステップインしていました。完璧です。素晴らしいwww
そして、そのまま二度寝しました。

続きを読む

Apple Color Emojiフォントを見本になにかする その1

何気なくつぶやいたら思いの外反響のあった絵文字フォントの件なのですが、一足飛びにsbixだけを解説してお茶を濁すのも面白くありません。ので、全体構造から始まり、適宜必要なツールを作りながらフォント構造を紐解いていく事にします。
まず、オープンタイプっていうのは色々な規格のデータを寄せ集めてまとめたものです。構造を見てみると本当にひどいものです。旧来あったものを大企業が主に利害をぶつけ合った結果出来上がったもの(暴言w)です。ですから、OpenTypeの構造は旧来のTrueTypeとPostscriptのフォント構造をラップするような仕様になっています。
こんな状況変だよね〜って思ったのかどうかはわかりませんが、ここへ来てOpenTypeが内包する無駄な部分を調整する動きが出てきています。これは主に新しいカラーフォントやバリアブルフォントを効率良く実装する為の変更だったりします。まあ、当然従来からのフォントに対しても利用可能です。しかし、フォーマットの定義としては正しいものができるでしょうが既存のアプリケーションが正しく扱えるかどうかはまた別のお話です。そこらへんが今ひとつよくわからなかったりするのですが、そのへんは追々ということでよろしいかと思うのです。興味深いのはCFFまわりというかCFFの後継フォーマットのCFF2テーブルというのが追加されたことです。CFFというフォーマットはAdobeが作ったもので、Type1フォントの3次のベジェ曲線をサポートするためのコマンド群を含みます。当然AppleやMSは全くノータッチで、ドキュメントすら「Adobeの読んだら?」って状態でした。ところが、このCFF2テーブルに関してはMSからドキュメントがリリースされています。そして、中身はというと従来のType2Stringコマンドをばっさりと切り捨ててコマンドがスカスカの状態になっています。なぜこうまでしてCFFを使うのかと言いますと、このテーブルはかなり圧縮が効きます。Pr6などのOTFフォントがあの容量で収まるのはこのCFFのご利益といえるでしょう。そして、展開もそう複雑な処理になりませんので負荷が軽くて済みます。このへんのところというのは1990年代の非力なマシンでの利用を想定していたPostscriptフォントの特性を残しつつといったところでしょう。でも、パース処理は煩雑になります。やんなっちゃうw この辺に関しては、そのうちご説明できる機会があるかもしれません。
大幅に脱線しました。絵文字フォントに関してですが、高解像度ビットマップをグリフとして扱うものとSVGを利用したベクターベースのものがあります。今回はApple Color Emojiフォントを紐解く為のものですからビットマップベースのフォントを見ていくことになります。

続きを読む

XMPメタデータをExtendscriptから操作するライブラリXMPtool

XMPメタデータをJavascriptから編集するというのは以前からちょこちょこ説明していますが、数年前に作ったライブラリがございます。すっかり放置なのですが結構便利に使えるものです。
https://github.com/ten-A/Extend_Script_experimentals/blob/master/XMPtool.jsx

もの自体はわたしのgithubに用意しております。見ていただけると分かると思いますがmetaMemo等のXMP操作を行うエクステンションのコアを整理して汎用に転用したものです。
おそらく知っている人はよく知っているし、知らない人は全く知らない代物ですのでここらへんでご紹介しておきましょう。

続きを読む

Dreamweaverは改造して使え!

ある寒い夜、神はオフトゥンを遣わしました。凍てつき震える体を抱えていた人々は歓喜し、神に感謝の祈りを捧げました。オフトゥンに包まれるように眠る人々はもう凍えることはなくなりました。そして長い年月がたちました。冷え込み凍てついた朝、人々はオフトゥンから出てこなくなりました。そうです、人は堕落してしまったのです。
さて話は変わります。先日DreamweaverCC2017がリリースされましたが、このバージョンは大幅に手を加えられてます。一番大きいのはコードビューにBracketsを採用したところでしょう。Brackets自体はIDEとして独自に開発されてきたものですからBrackets自体が機能拡張の仕組みを持ちます。もちろん自分で作ることも可能です。基本的にJavascriptでの記述でいけますから腕に自信のある方はチャレンジしてみて下さいなんですけど、今回はこの内蔵されたBracketsをどうやって拡張するのかを見て頂ければと思うのです。

続きを読む

ルビ振りヘルパー「Mono Ruby」HTML版

もう何も書くことがありません。タイトルが全てを語ってしまっていますので。InDesign用ルビ振り支援エクステンションのMono Rubyのアップデート版のリリースです。
以前リリースしたMonoRubyエクステンションはFlash版だったのですが、InDesignに関して言うとCC2015迄はFlashランタイムが内蔵されていましたので古いアーキテクチャであるFlash版のエクステンションが動作可能でした。このMonoRubyに関してはCS5以降をぜ〜んぶサポートするためにFlash版をマニフェスト対応だけで利用している状態でした。しかし、最近のリリースではとうとうFlashランタイムが削除されました。仕方がないので重い腰を上げてちまちまと処理した次第です。

続きを読む

テンプレートを利用してExtensionを作ってみよう

テンプレートを利用してExtensionを作ってみよう

つい先日まで暖かかったのに突然寒波がやってきました。寒いです。動きたくないです。そうだ、皆さん冬眠しましょう!
こんなに寒いのにウゴケナイヨ…とまあ、寒いの苦手なのはいつものことなのですが、頑張っていってみましょう。
先日のテンプレートですがわりと簡単に編集してしまえるものです。しかしながら、やった事のない人に言ってもぴんと来ないのは世の常です。ですから今回はテンプレートからどのように改変していくとオリジナルエクステンションがつくれるのかっ?って部分に言及してみます。

続きを読む

WorkspaceSwitcherのまとめ

え〜と、QR Code Maker Proの承認がやっとの事で下りました。なぜ3週間もかけた???
ご利用はAdobe Add Onsサイトからどうぞ。
さて、今回のお話には全く関係ないところから入りましたが、みなさん、ワークスペースってどないしてますか?
アドビ社のアプリケーションって作業毎に使うツールも違えば必要なパネルも違うわけですが、ワークスペース切替も面倒だから大体妥協できる組み合わせて用意している方が大半ではないでしょうか?
例えば選択ツール使っている時に字形パネルとか開いていてもそれは全くのデッドスペースなのです。そんなこんなでわたしがAIで使うワークスペースはだいたい以下の様なものです。常時使うのは3種類
まず汎用です。
workspace0.png
続いてテキスト編集用
workspace2.png
3つめはパス等のアート編集用
workspace1.png
こんな感じですね。
さて、常時切り替えて使うと言いました。これは自動的に切り替わるようにしています。それを可能にするのがWorkspaceSwitcherなわけです。

続きを読む